国内で話題性があるバイナリーオプション

By: Moyan Brenn

国内で話題が集まっているバイナリーオプションは、為替の変動の動きを察知していくような状況を確認していくことで、前向きな兆しが生まれていきます。人気を支えているのは投資する意義にも相当し、知識が素人並みであったとしても無理なくスタートさせることが可能です。少額からチャレンジしていけるような状況は、バイナリーオプションの可能性を広げていく方針にもつながっていくため、まずはコツを掴むまでの内容をマスターする行動が重要となります。

その一方で利益を伸ばしていくような方向へ近づけるには、稼ぎを完璧なものにするという試みが大事です。時間内に完璧な取引をしていくためにも、チャートの見方やポイントになる箇所をしっかりと確認していくような術を身につけておくことが大切なのです。確実な利益が難しいという場合は、損切という行為をすることで、掛け金以外の損額を最小限にすることが見込めるため、為替の市場の動向をしっかりと確認しておく姿勢が大事になります。国内でどれくらいの需要があるのかを今一度確認しながら、コツコツと利益を出すようにすることが重要になるのです。

それから為替のグラフの上と下を見極めるようなテクニックがバイナリーオプションでは大事な側面になっていくため、事前に知識を吸収していくような行動を起こす部分が大切です。バイナリーオプション 国内で取引をする際には、明確に定められたルールに順守しながら参加することが重要であり、健全なバイナリーオプションを体現していくためにも、ひとりひとりがそういった意識を持ち合わせておくことが大事なのです。注目を集める新たなタイプの投資がバイナリーオプションであることから、将来性の動向や期待感を想定しながら果敢にチャレンジしていくようにする部分が賢明です。

以上の事柄を冷静に振り返っていけば、バイナリーオプションで一儲けすることができるようになるのです。パソコンで容易に操作できる部分も、魅力のひとつになっています。

バイナリーオプションの仕組みについて

By: Lenore Edman

バイナリーオプションとは購入開始時の相場から指定された時間が経過したときに高くなるか安くなるかを予想する取引のことをいいます。二者択一の取引でわかりやすいのですが、当たる確率と外れる確率が半々というわけではないので、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などから予想する投資家が一般的です。バイナリーオプションはFXと違い、相場の変動が大きくても小さくても利益と損失は変わりません。

例えば、1ドル=120円のときFXでドル買いをするのと、バイナリーオプションで円安を予想し、ペイアウト率1.8倍として、1000円購入するとします。指定された時間で1ドル=120.50円、121円、121.50円のいずれかになった場合、FXではそれぞれ、5000円、10000円、15000円の利益となりますが、バイナリーオプションでは円安の予想が当たったので、どれも1800円の獲得、すなわち800円の利益になるだけです。

また、FXでは時間の指定がないので、もっと円安になると思えば、売却せずに保有することができます。逆に、指定された時間で1ドル=119.50円、119円、118.50円のいずれかになった場合、FXではそれぞれ、5000円、10000円、15000円の損失となりますが、バイナリーオプションでは円安の予想が外れたので、1000円の損失だけで済みます。FXとバイナリーオプションの仕組みを理解することで、2つの取引を使い分ける方法があります。

FXの仕組みは相場の変動の大きさによって、利益と損失が出るので、相場がレンジ内で変動するときには適しています。バイナリーオプションの仕組みは変動の大きさは関係なく、利益と損失が出るので、相場があまり動かないときには適しています。ただし、レンジ内を抜けて、大きく相場が動く時には、FXのハイリスク・ハイリターンかバイナリーオプションのローリスク・ローリターンのどちらを選ぶかは投資家次第といえます。

バイナリーオプションのブログには真実が書かれているか?

By: Owen W Brown

バイナリーオプションとは、簡単に言うとトランプの「ハイorロー」ゲームと同じです。「ハイorロー」とは、次に引くトランプの数字が場に出ているトランプの数字よりも高いか低いかを当てるゲームです。

バイナリーオプションの場合には、数分後の為替が今よりも高いか低いかを当てるゲームです。負ければ賭けたお金がなくなりますが、勝てば賭けたお金の2倍から手数料を引かれた金額が戻ってきます。「ペイアウト倍率」は1.8倍に設定されていることが多く、例えば掛け金一万円で勝てば一万八千円が手に入ります。

さて、バイナリーオプションが単純に二者択一のゲームであると考えれば、負ける確率のほうが高くなります。パチンコやパチスロでも、客が負けたお金から店舗費や人件費を差し引いてもなお儲けがでているわけですから、負けている人のほうが圧倒的に多いことはわかります。このバイナリーオプションではどの程度の費用がかかっているかはわかりませんが、パチンコや競馬に比べると勝つ確率は高いのかもしれませんが、それでも負ける人の方が多いということは頭に入れておきましょう。

さて、バイナリーオプションに関するブログを見ていると、ほとんどが宣伝サイトへのリンクが張られています。つまりはアフィリエイトなどの宣伝目的のブログである可能性が高いというわけなので、あまり内容を鵜呑みにしないようにすることが大切です。「必ず勝てる」、「一週間で一千万稼いだ」といったような過剰な宣伝は高い確率でデマです。また、現在では数は減っているようですが、詐欺サイトもたしかにあるようなので注意が必要です。

バイナリーオプションの詐欺ブログ、サイトを見つけるためには、友達と一緒にやって、2人で異なるほうに賭けてみるといいかもしれません。「ペイアウト倍率」が1.8倍なら、0.2倍分は確実に損するわけですが、詐欺でないことを見極めてから始めると安心できます。 「ペイアウト倍率」が2倍を超えている業者は高い確率で詐欺ですのでひっかからないようにしましょう。”

6月の前半はとても読めなかった、6月29日からの相場

By: OakleyOriginals

7月9日。6月29日からの相場は、調子が良くなったと思ったら悪くなったり、悪いから売りを考えて売っていたら戻りが大きくて損切りにあうようなとにかく不安定な相場です。大きく戻して、再び下に突っ込んでいきます。方向は下だけど、戻りが大きいから非常に難しい。

ギリシャ問題によって不安定な相場がスタートして、最近では中国株の動向も懸念材料に加わり、より不安定さを増しました。中国株の下落があまりにもひどいものだから、行き過ぎた下落を防ぐために、きのう中国株の1200銘柄の取り引きが出来ないようになりました。日経平均は中国株の動向を受けて下落幅を拡大させていたものだから、かなりの数の銘柄が取引出来なくなったことで中国株の下落がいくぶんマシになり、本日の日経平均は好感して下落幅を大幅に縮小させています。

9時の寄り付きで大きく下げたものの、午後に向かって急上昇を見せています。足を引っ張っていた中国株がマシになると、日経平均はとても上値が軽くなるんだぁ。それで、クロス円も急伸。豪ドル円なんかは朝に突っ込んだ89.16から91.02まで上昇。めちゃくちゃな戻し方をして私は困ってしまいました。デモトレードで練習をしようと1時間足のレジスタンスを目安に売ってみたら、軽く突き抜けられて損切りになりました。

そして、損切りになった価格よりも下に行って、損切らなくてよかったと思いました。その後、再び上昇を初めて気づいたら91円手前まで来ていました。1時間足のレジスタンスにギリギリに引きつけて売るやり方は、今回の相場では通用しなかった。

日経平均があまりにも勢いのある回復を見せたものだから、一旦売り圧力が後退して買いが1時間足のレジスタンスを簡単に突き破った。読んだレポートには円買いの巻き戻しが継続していると書いてありました。この巻き戻しは相当急ですよ。戦略をたてようにも、もうどうしたらいいのかわからなくなりました。クロス円がつられる日経平均のパターンが全く読めないです。

自分のトレードを反省することが勝つことに繋がる

By: Ian Sane

ひとつひとつのトレードをルール通りに行えたかどうかを反省することは非常に大切です。なぜなら、そのときのトレードをルール通りに行えたか判斷することで、次のトレードの曖昧さを無くすことに繋がることが非常に多いためです。ひとつひとつのトレードはルール通りに繰り返すことが大事なのは誰しもが理解していることだとは思いますが、実際にルール通りにやれるかどうかというのは実のところは難しいものです。

これは何故かというと、人というものは感情の生き物だからです。ルール通りにやっているつもりでも、感情が入ってしまい、ビビって中途半端な位置でエントリーしたり、目標までの距離がまだあるのに、せっかく伸びたのだから利食ってしまったりと勝てていてもパフォーマンスに差が出るという問題があるからです。これを軽視してしまうとせっかくルール通りに行えば手に入るパフォーマンスにズレが生じてきます。

そのため、確実にルール通りに出来たかどうかという反省を必ずトレードごとに行なうべきです。とはいっても、そんなに毎回毎回のトレードごとに反省していては大変なので、必ずやるという自信があるのなら、チャートが動いていない週末にまとめてトレードの反省を行なうという方法でも良いでしょう。とにかく、必ずひとつひとつのトレードをしっかりとルール通りにできたかどうか、確認するようにしましょう。

実はトレードで結果が出ていない人は実際にルール通りにトレードを行っているつもりでも、ルール通りではなかった場合が多いです。それに気づかないで淡々とトレードを行ってしまい、勝てないといつの間にか相場から退場するはめになってしまったりします。普通にパフォーマンスの出るルールを設定していたなら、数字は残せるはずなのです。それなのに残せないのは相場が単にルールに合わなかった場合も少なからずあるでしょうが、それ以上にルール通りに実は行えていないトレードが多い場合のほうが遥かにたくさんあります。

日経平均は-75円の19779円で今週は終了。

By: dave_7

7月10日。東京株式市場がクローズしました。本日の日経平均は、前日に引き続き中国株の動向を好感して下げ幅を縮める動きをしました。午前中が一番上値追いの動きをしていて、午後になると伸びが悪くなり、日経平均は-75円の19779円で引けました。この動きを残念と見るかよくやったと見るか。

日経平均は最初ギリシャ問題で崩れて400円以上の下げを記録しました。その後、下げを縮めて落ち着いてきたと思ったら、中国株下落の問題が重なると、600円近い下げになりました。それも2日間連続。1日目は戻す気配が全くなしで、2日目は最初こそ下げたものの、午後にかけて急速に下げ幅を縮める動きを見せました。

あまりの変わりようにびっくりしました。もちろんクロス円は、安値から急上昇しました。クロス円を立ち直らせるきっかけをくれた日経平均の動きはよかった。本日はプラス圏を回復するまで75円足りないわけですが、ギリシャ問題の下げと中国株の下落により受けた下げから立ち直ろうとする姿はよくやったと褒めてあげたい。

あと75円足りなくても下げなかっただけいいです。これから先の日経平均、中国株、ギリシャ問題、クロス円はどうなっていくのでしょうか。7月12日にはギリシャのための大事なイベントが行われます。EU側がギリシャの提出した構造改革案に合意するかを最終的に決定します。これが運命の分かれ目です。

結果はどうであっても窓が開くことが予想されます。3週連続窓開けとなりそうです。1週目も2週目も下に大きく窓が開きました。3週目に窓が開くとするならば、どちらに開くのか?また窓が開くことを覚悟です。もしかすると、上に窓が開いたりして。そうなれば、早速窓埋めを期待してショート開始です。

どちらのほうも2週連続でしっかりと窓を埋めているから埋まる確率が高いといえば高い。今週は窓開けを掴もうと早寝を徹底したのに、起きたときには半分以上埋まっている状態で諦めました。来週こそ本当に狙うよ~。